のゾロ目

ギャンブルにおけるスネークアイズ

ギャンブルにおいてスネークアイズを出すのは、運が悪いことだと考えられています。スネークアイズを出したからといって即座に負けが決まるわけではありませんが、不利な状況であることは確かです。スネークアイズという用語は、ダイスの出目によって結果が決まるクラップスのようなゲームで使われます。スネークアイズが出る確率は低いですが、出る時は出ます。スネークアイズを避けるトリックを編み出したプレイヤーもいますが、やはりダイスの出目の大半はランダムで決まっており、スネークアイズを出すのは良いことではありません。他のギャンブルの戦術とは異なりスネークアイズを避ける方法はありませんが、その確率は非常に低いものとなっています。 スネークアイズとは? ダイスゲームでは、できるだけ大きな数字を出さなければなりません。クラップスのようなゲームではダイスを2個振り、両方の出目が1だった場合がスネークアイズと呼ばれます。これはゲームにおいては不利な状況です。ダイスの出目の合計が少ないのはまずいのです。しかし、ゲームごとにルールは異なるため、スネークアイズ即効、負けとはなりません。とはいえ、やはり状況が不利になることは確かです。 用語: スネークアイズという用語の起源には諸説あり、矛盾しているものもあります。しかし、現代史においてその起源は1919年に遡ることができます。19世紀にはこの言葉はそれほど使われていませんでしたが、この数十年で頻繁に使われるようになりました。古代ローマ人たちは、スネークアイズをドッグスローと呼んでいました。ゲームのルールにもよりますが、1が2つ揃う確率は非常に低いため、多くのカジノゲームでスネークアイズにボーナスが付いています。 何が起きるのか: どんなダイスゲームでも、スネークアイズが出ることは滅多にありません。多くのカジノゲームでは、スネークアイズを出すと負けになります。とはいえ、ゲームごとにルールは違うので、そうならない場合もあります。モノポリーのようなゲームでは、その希少性からスネークアイズを出すとボーナスを獲得できることもあります。スネークアイズが出る確率は36分の1です。一部のプレイヤーは、スネークアイズを回避する方法を考案したと主張しています。実際にはスネークアイズを完全に避ける方法などありませんが、スネークアイズが出る確率は非常に低いものとなっています。 まとめ: スネークアイズはギャンブラーにとっては不運です。そこでゲーム終了となってしまう場合もあります。即敗北というわけではありませんが、勝てる可能性は低くなります。一方、スネークアイズでボーナスを獲得できることもあります。スネークアイズは滅多に出ないので、ボーナスを獲得できるのです。ゲームのルールにもよりますが、大半のダイスゲームにおいてスネークアイズは負けを意味します。スネークアイズはわざわざ出したいものではありません。また、スネークアイズを回避するトリックもあります。そうしたトリックによって完全に回避できるとは言えませんが、少なくともそれを利用することで勝率を上げることができるかもしれません。